包茎が与える心理的な問題について紹介するページです。


■包茎が与える心理的な問題

日本人は、6〜7割の人が包茎とも言われています。欧米では、衛生上の問題から幼児期のうちに亀頭を露出させる手術を行ったり、宗教上で、割礼の習慣があったりします。

手で剥くことができ、痛みも感じなければ、特に問題はないとされていますし、感染症などを防ぐために入浴時に、手で皮を剥き、垢などをよく洗い流して、清潔を保つようにすれば良いともいわれます。

包茎は、日常生活に支障はないとは言え、勃起していない状態で皮がペニスに被さっていることでペニスと皮の間に雑菌が溜まりやすいので性感染症になりやすくなることや、性行為の場合に早漏になりやすくパートナーに対しても影響を与えてしまいます。

不衛生による性病の問題や女性を満足させられない早漏の問題などで包茎を心理的なコンプレックスとして抱える場合は少ないありません。包茎は専門家に相談すれば数回の通院で完全に克服できる問題ですので是非早い段階で治療して明るい生活を取り戻されてください!


包茎手術ランキング


上野クリニック
・仮性包茎の手術を行う上で気になる「痛み」ですが、上野クリニックは無痛治療研究の先端クリニックとして有名で、痛みがなく利用者からも高評価です。また局所麻酔のため手術後すぐに帰宅できます。


山の手形成クリニック
・痛みケアは定評があり『持続性の麻酔』『即効性の麻酔』2つを併用で無痛で仮性手術を提供します。徹底した男イズムで、Drはもちろんのこと、スタッフ・患者全てが男性対応なので気軽に相談できます。



東京メンズクリニック
痛みの無い治療をモットーとし、男性器機能の維持はもとより美しい仕上がりにこだわりに定評ありです。



仮性包茎Menu
手術の注意点
症状のチェック
包茎の心理的な問題
女性の見方は?

包茎クリニック
上野クリニック
山の手形成クリニック

包茎矯正グッズ
包茎グッズ・キトー君

>> TOPへ戻る


運営者情報


Copyright(C)2010
仮性包茎@情報館
All Rights Reserved.

携帯アクセス解析